スポーツ障害

このような方は、お任せください!
  • 野球の投球時に肩、肘が痛く全力で投げられない。
  • バレーやバスケのプレー中に膝が痛くてジャンプできない。
  • 次の大会までに、ベストなコンディションで走りたい。
  • どこへ行っても症状が改善しない。
  • 捻挫をして数ヶ月たったが、今だ痛みがある。
  • プレー中に腰が痛くて十分なパフォーマンスが発揮出来ない。

大田整骨院で取り入れている春日スポーツ医学研究所、春日啓先生考案のPNF筋整復法によって短期で様々な障害が改善されています。阿久根院では、鶴翔高校の改名前の阿久根農高陸上部時代から延べ150名ほどの選手が治療のために来院されています。その中には平成24年高校駅伝、県大会で第1区を走り区間賞を取った坂元君もいます。女子高校駅伝、全国大会に出場し、1区を走った神村学園の中原さんも中学時代は当院で治療をしていました。
他にもバレー、野球、バスケット、テニスなどの部活の選手たちが来院し、様々な症状に対応し、治療してきました。
鹿児島院では、平成24年高校駅伝、県大会で優勝した鹿児島実業高校陸上部のメンバーが17名ほど来院されています。県大会で7区間あるうちの5区間の区間賞を取った5名は大田整骨院で治療を受けたメンバーです。
鹿児島県のトップランナーが選んでくれた大田整骨院の治療方法を、是非、お試しください。

 患者様の声はコチラから

オスグッド

成長期の男子に好発する膝の痛みです、大腿部前面の大腿四頭筋の緊張を取ることで驚くほど早く改善します、1~2週間の治療でスポーツができるようになります。

シンスプリント

陸上競技やサッカー、バスケットボールなど走るスポーツ選手に見られる下腿内側部の痛みです。 軽傷であれば2~3回、重症例でも1~2週間の治療で痛みがとれます。

野球肘

野球選手に多く見られる肘関節内側部の痛みです、前腕屈筋群の筋肉の緊張をとることと、肘関節のゆがみを修正することで1~3週間でボールが投げれるようになります。

このページの先頭へ